東京で初期費用分割可の賃貸ならべべライズの【お部屋探し支援センター】

ホーム » 業者

業者

いいお部屋はライバルが多い

見学を終えて、気に入ったお部屋に出会えた場合でも、なかなか決断できない事もあるかと思います。即決できるのであれば最高ですが、なかなかそうもいかないですよね?ただし、迷うことが悪いことではありませんが、迷っているその間に他の人が申し込みをしてしまうパターンは意外と多いのです。

あなたがいいなと思った物件は他の人にとってもいいお部屋である確率が高いんです。水商売OKやペット可なら特にです。図面の段階から候補をしぼり、見学でさらに絞ってたどりついたのですから、迷っている物件は一番いい物件に間違いありません。空室になっている、もしくは空き予定の物件はすべて図面を見ているはずです。 もし気に入った物件がなくなってしまうと、どこかを妥協して部屋を決めることになってしまいます。

妥協するとなるともっと迷う事になってしまい、いいお部屋のイメージが頭に残っている為になかなか決められません。最後に失敗しない為にも決断力も大事なんです。 業者が考える部屋探しに一番有利な人は、決断が早い人だったりします。繁忙期は競争率がかなりアップするので、退去予定の物件、つまり中を見学できない物件にも申し込みが多数入ります。
そんな状況だと写真だけで決められる人はかなり有利です。 とは言っても慣れていない人が即決するのは難しいですからね。

その辺はバランスが大事です。どうしてもじっくり時間をかけて決断したい人は、探す時期を6~8月にするといいかもしれません。時期的にライバルは少ないので繁忙期に比べるとじっくり探すことができます。 ただし、退去の動きもすくないので、入居者募集中の物件自体も少なくなります。どちらも一長一短といったところです。

タグ:

どこの不動産屋に行っても出てくる物件は一緒です

どこでも一緒というのは対応やサービスの事ではありません。悪質な業者もいれば丁寧な業者もいます。それはどんな業種でも同じです。一緒というのは見せてくれる物件の事です。


例えば渋谷の物件を探す時に、渋谷の業者と横浜の業者とで紹介する物件の量が変わったり、渋谷の不動産屋の方がいい物件を紹介するというような事はありません。どちらも全く同じです。
どこの業者も共通のデータベースを使っており、すべての物件情報を共有しています。一つの業者でしか扱っていないお部屋はマンションだけに限ればほとんどありません。


極端に言えば東京で札幌の物件を探しても札幌の会社と同じレベルで物件情報を紹介できるという事です。不動産屋によって見せてくれる物件の量が違ったとすれば、それは担当営業マンのやる気と実力の問題です。


不動産屋が使う主なデータベース •フォレント •ホームズ •アットホーム •レインズ 上記4つを導入している賃貸業者であれば、どこの賃貸業者へ出向いても同じです。フォレントなどは知ってる方も多いと思います。


それぞれ、一般の人が見れるポータルサイトも展開していますが、それとは違います。運営してる会社は同じですが、完全に業者用で、お金を払って加盟しないと使えません。


業者用は管理会社が空室を紹介してもらうために、仲介会社向けに情報を公開しています。一般の人向けのサイトの場合は、仲介会社が部屋を探している人向けに情報を公開しているものです。 部屋探し支援センターでは、提携の不動産屋から集めた情報を一つにまとめて依頼者にお伝えしますので、依頼頂ければ何件も回る必要がなくなります。是非ご利用ください!

タグ:

ネットで得られる物件情報は必ずしも正確ではない

インターネット上にはたくさんの不動産ポータルサイトがあり、パソコンや携帯で簡単に物件情報を見ることができます。非常に便利ですが、そこにも落とし穴があります。

2008年6月、誰でも名前を知ってる不動産仲介会社が架空の物件やすでに入居中の物件の広告をネット上で出していたとし、公正取引委員会から再発防止を求める排除命令を受けました。

テレビCMなどで露出も非常に多い業者です。 これは悪質な例ですが、ネットの落とし穴はここにあります。ネットに公開されると誰でも物件情報を簡単に見れるため、人気の物件は競争率が非常に高くなります。

公開したその日に入居申し込みが殺到することも決して珍しくはありません。申し込みがあったとしても、その物件を広告に使ってる業者すべてが、広告をネット上からすぐに落とすのは不可能です。

わざとじゃなくても、ネット上には実際は募集を打ち切った物件の掲載が多くあるのです。中にはいまだに架空の物件で客をおびきよせようとしている業者もいるかもしれません。

本当に新鮮な空室情報は不動産に足を運ばない限りは絶対に得られません。ネット上の情報が正しいとは限らないのです。その為、当サイトでは、あえて、多くの物件情報をサイト内では公開しておりません。

その時その時において常に新鮮な物件情報を複数の提携会社より依頼者にお届けいたします。当サイトをご利用すれば不動産屋に足を運ばなくても自宅にいながら最新の情報でをお部屋を探せるのです。 是非ご利用ください!

タグ:

水商売の方じゃなくてもメリットがある

当サイトは水商売の方のお部屋探しを支援する為に作られました。目的は水商売の方が一般の方と同じようにお部屋を探せるようにです。審査面でのサポート、アドバイス、賃貸不動産で失敗しないためのアドバイスが中心です。

しかし実際に利用いただいている方には水商売ではない方もいらっしゃいます。今は【水商売専門】ではなくなっています。水商売の方はもちろん、一般のお仕事の方でも十分メリットがある当サイトのシステムを紹介します。

•複数の提携不動産会社の物件をまとめて紹介

お部屋探し支援センターでは複数の提携賃貸不動産会社の物件情報をまとめて依頼者の方にご紹介しております。その為、何件も不動産屋を回る必要がありません。不動産屋はどこの業者でも紹介できる物件は全く変わりません。(詳しくはコチラをご覧ください。)

まとめて紹介するほんとのメリットは、複数の業者からの情報の為、適正ではない情報があった場合も当サイトですぐに適正ではないと判断できます。(礼金の上乗せなど)そのような場合は適正な業者の物件のみを依頼者に取次ぎますので絶対に損をすることはありません。

礼金などは不透明なために、知らないうちに多く払ってる事もありえます。当サイトへの依頼なら万が一にも悪徳業者に引っかかる事がないのです。

 

•水商売の方の審査

水商売の方は、どうしても仕事の性質上審査に不安があると思います。当サイトでは、提携の賃貸不動産会社の協力の元、最大限のサポートをさせていただきます。ご安心してご依頼ください。

 

•常に新鮮な情報で探せる

今はインターネットで物件を探すのが主流です。物件を探せる不動産ポータルサイトも多くありますが、それらに掲載中の情報は必ずしも新鮮ではありません。掲載されて間もなく入居が決まってしまった物件などは、すぐに掲載されなくなる訳ではありません。
(詳しくはコチラをご覧ください。)

本来、新鮮な情報は不動産屋に足を運んでこそ得られるものですが、当サイトをご利用なら常に新鮮な情報を自宅で手にする事が出来ます。

 

•時間がない方にぴったり

水商売の方は不動産屋を回る時間がなかなか取れない方も多いと思います。一般職の方もお時間がない方にぴったりのサービスです。その時に出てるすべての物件情報をご覧になれますので、自宅に居ながら気になる物件をピックアップできます。その中から時間があるときに気になる物件を見学できますので、忙しい方は是非ご利用ください。

 

様々なご要望に柔軟に対応させていただきます。是非ご利用ください!
ご質問などもお気軽にお問い合わせください。

タグ:

仲介会社と管理会社

お部屋を探すときは不動産屋に行って探す訳ですが、ひとくちに不動産屋といっても、何種類かあり、それぞれ役目が違います。賃貸不動産に限って言えば、あなたがお部屋探しで関わることになるのは「仲介会社」「管理会社」の2種類です。それぞれ詳しくみてみしょう。

•仲介会社

お部屋を探してくれる不動産のことです。あなたの探してる条件に合う物件を探して紹介します。図面を見て気に入った物件を案内し、見学の結果その物件に決めたら入居の申し込み、審査が通れば契約手続きとなります。ほとんどの場合は契約までの手続きは仲介会社ですることになりますが、物件によっては、契約手続きを管理会社ですることもあります。審査は仲介業者ではなく管理会社がします。

•管理会社

その名前の通り物件を管理する業者です。大家さんが直接物件の管理をするのは大変ですからその業務を代行します。内容は、入居審査や家賃の収納、共有部分(エレベーターや廊下など)の管理などです。入居後に部屋の不具合の連絡や廊下の電球が切れた時、退去時の連絡などは管理会社に連絡することになります。このような場合は仲介会社に電話しても、「管理会社に連絡してください」と言われますので覚えておいてください。水商売にかなり厳しい業者も中にはいます。

•まとめ

簡単に区分けするとお部屋を探す段階では、仲介業者が大きく関わり、入居後に関してはすべに関して管理会社に連絡するということでね。昔と違って、大家さんと直接やりとりすることは今の時代ではほとんどありません。都内のマンションでは家賃の振り込みも大家さん名義の口座に振り込む事は少なくなってきました。入居から退去するまで大家さんの名前も知らない事も珍しくはありません。

タグ:

1.重要事項説明書とは何ですか?

契約書を要約した項目が記載されたもので、業者は契約の前に必ずこれを説明することが法律によって義務付けられている書類です。

タグ:

お問合せ

他社で断られた方もお気軽にご相談ください。
弊社ではクレジットカード決済が可能です!!

物件リクエスト

  • 東京で初期費用分割可の賃貸ならべべライズの【お部屋探し支援センター】に問い合わせ
  • アットホーム引越し見積もり
  • Share | rss