東京近郊対応賃貸お部屋探し支援センター|株式会社べべライズ

ホーム » 実際

実際

お部屋を借りるときの初期費用

お部屋を借りるときの初期費用お部屋を借りるのには、家賃とは別に初期費用がかかります。初期費用にはどのような種類のものがあるのか見てみましょう。

敷金

敷金とは、退室時にお部屋をリフォームやクリーンニングするための費用を借りる側が貸す側に預けるお金の事です。リフォームをして余った分の金額は借りた方に返還されます。敷金なしのお部屋もありますが、敷金なし=お得 という訳ではありません。敷金なしでも退室時にリフォームにかかった費用を請求されます。先に払うか後で払うかの違いです。敷金なしでも実際は毎月の家賃に敷金分を上乗せしてるだけのパターンもあります。

礼金

礼金とは、契約時に借りる側が大家さんに謝礼として支払うお金です。敷金は退室時に返還されますが、礼金は謝礼ですので返還されません。相場は家賃の1~2カ月分ですが、礼金なしのお部屋もワンルームマンションなどでは増えています。礼金は借りる側にとってはもったいないお金ですが、敷金と同様毎月の家賃に敷金分を上乗せしてるだけのパターンもあります。

仲介手数料

仲介手数料とは、物件を紹介してくれた不動産屋に払う手数料です。一般的には家賃の1ヵ月分に消費税になります。中には仲介手数料0.5カ月をアピールポイントにしてる不動産屋もいますが、実際は消毒料や書類代などと違う名目で料金を請求する事が多く、それらを合計すると全然安くなかったというパターンになります。

前家賃

前家賃は一般的に、当月分の日割り+翌月分で計算します。(例) 4/1からの契約の場合 ⇒4月分の家賃分(例) 4/20からの契約の場合 ⇒4/20~4/30の家賃(日割り)+5月分の家賃

 •火災保険

火災保険は例外なく加入が必要です。万が一家事を起こしてしまった場合、困るのは大家さんだけではなく、もちろんあなたにも賠償責任があります。そんな時の為の保険です。盗難などに対応してる保険もあります。料金は保険会社によって開きがあり、2年間で1万円から2万円くらいが相場です。毎月払うものではなく契約時に2年分を払います。

•保証会社委託料

契約には保証人が必要な事が多いのですが、保証人をたてられない方は保証会社を使って契約ができます。保証人の役目をそのまま代行するシステムと考えても間違いはありません。最近は保証会社を使う事が契約の条件になってる物件もあります。料金は2年で家賃の50%~100%が相場です。

タグ:

ネットで得られる物件情報は必ずしも正確ではない

インターネット上にはたくさんの不動産ポータルサイトがあり、パソコンや携帯で簡単に物件情報を見ることができます。非常に便利ですが、そこにも落とし穴があります。

2008年6月、誰でも名前を知ってる不動産仲介会社が架空の物件やすでに入居中の物件の広告をネット上で出していたとし、公正取引委員会から再発防止を求める排除命令を受けました。

テレビCMなどで露出も非常に多い業者です。 これは悪質な例ですが、ネットの落とし穴はここにあります。ネットに公開されると誰でも物件情報を簡単に見れるため、人気の物件は競争率が非常に高くなります。

公開したその日に入居申し込みが殺到することも決して珍しくはありません。申し込みがあったとしても、その物件を広告に使ってる業者すべてが、広告をネット上からすぐに落とすのは不可能です。

わざとじゃなくても、ネット上には実際は募集を打ち切った物件の掲載が多くあるのです。中にはいまだに架空の物件で客をおびきよせようとしている業者もいるかもしれません。

本当に新鮮な空室情報は不動産に足を運ばない限りは絶対に得られません。ネット上の情報が正しいとは限らないのです。その為、当サイトでは、あえて、多くの物件情報をサイト内では公開しておりません。

その時その時において常に新鮮な物件情報を複数の提携会社より依頼者にお届けいたします。当サイトをご利用すれば不動産屋に足を運ばなくても自宅にいながら最新の情報でをお部屋を探せるのです。 是非ご利用ください!

タグ:

紹介者特典

当サイトをご利用頂き物件をご成約を頂いた方はお友達をご紹介いただいた場合、紹介者特典としまして、現金3000円を贈呈させていただきます。また、2人目以降のご紹介に関しましては特典は5000円になります。是非ご紹介ください! ※ご紹介でのご依頼の場合は、依頼の際に紹介者のお名前をお知らせください。

 

関連情報

紹介プログラムはアフィリエイトという形でネット上ではかなり浸透した集客の手法となりました。賃貸不動産に関しては、自分のサイトからポータルサイトに物件の問い合わせがあると報酬がもらえるプログラムが多いですね。実際に賃貸物件の契約から報酬をもらえるプログラムはまだそんなに多くはありません。将来的には増えていく可能性はあると思います。自分のブログをお持ちの方は、不動産に限らずアフィリエイトで小遣い稼ぎをしてみてはいかがでしょうか?

タグ:

水商売の方じゃなくてもメリットがある

当サイトは水商売の方のお部屋探しを支援する為に作られました。目的は水商売の方が一般の方と同じようにお部屋を探せるようにです。審査面でのサポート、アドバイス、賃貸不動産で失敗しないためのアドバイスが中心です。

しかし実際に利用いただいている方には水商売ではない方もいらっしゃいます。今は【水商売専門】ではなくなっています。水商売の方はもちろん、一般のお仕事の方でも十分メリットがある当サイトのシステムを紹介します。

•複数の提携不動産会社の物件をまとめて紹介

お部屋探し支援センターでは複数の提携賃貸不動産会社の物件情報をまとめて依頼者の方にご紹介しております。その為、何件も不動産屋を回る必要がありません。不動産屋はどこの業者でも紹介できる物件は全く変わりません。(詳しくはコチラをご覧ください。)

まとめて紹介するほんとのメリットは、複数の業者からの情報の為、適正ではない情報があった場合も当サイトですぐに適正ではないと判断できます。(礼金の上乗せなど)そのような場合は適正な業者の物件のみを依頼者に取次ぎますので絶対に損をすることはありません。

礼金などは不透明なために、知らないうちに多く払ってる事もありえます。当サイトへの依頼なら万が一にも悪徳業者に引っかかる事がないのです。

 

•水商売の方の審査

水商売の方は、どうしても仕事の性質上審査に不安があると思います。当サイトでは、提携の賃貸不動産会社の協力の元、最大限のサポートをさせていただきます。ご安心してご依頼ください。

 

•常に新鮮な情報で探せる

今はインターネットで物件を探すのが主流です。物件を探せる不動産ポータルサイトも多くありますが、それらに掲載中の情報は必ずしも新鮮ではありません。掲載されて間もなく入居が決まってしまった物件などは、すぐに掲載されなくなる訳ではありません。
(詳しくはコチラをご覧ください。)

本来、新鮮な情報は不動産屋に足を運んでこそ得られるものですが、当サイトをご利用なら常に新鮮な情報を自宅で手にする事が出来ます。

 

•時間がない方にぴったり

水商売の方は不動産屋を回る時間がなかなか取れない方も多いと思います。一般職の方もお時間がない方にぴったりのサービスです。その時に出てるすべての物件情報をご覧になれますので、自宅に居ながら気になる物件をピックアップできます。その中から時間があるときに気になる物件を見学できますので、忙しい方は是非ご利用ください。

 

様々なご要望に柔軟に対応させていただきます。是非ご利用ください!
ご質問などもお気軽にお問い合わせください。

タグ:

入居審査の基準

入居には必ず審査があります。審査に通らないとそのお部屋には住むことはできません。せっかく気に入ったお部屋を見つけることができても審査に落ちてしまったら、もったいないですよね?
お部屋探し支援センターでは審査についても、最大限のサポート、アドバイスをさせていただきます!

 

•審査は誰がするのか?

入居審査をするのは大家さんだと思ってる方が多いですが、実際はその物件を管理してる管理会社はしてる事が多いです。最終的な判断は大家さんになりますが、実質的な審査は管理会社が行います。

 

•一般的な審査基準

審査でまず見る部分は借りる方の収入です。ほぼどこの管理会社も同じ基準で判断するのですが、物件の家賃が借りる人の収入の30%以内に収まることが最低条件です。収入の基準は手取りではなく総支給の金額で、普通は年収に対して年間の家賃で計算します。水商売の方はボーナスがない事が多いと思いますので月収での計算のほうがわかりやすいですね。


(例)月収30万円 家賃12万円 ⇒家賃が収入の30%を超えているのでNG

(例)月収30万円 家賃9万円  ⇒家賃が収入の30%以内なのでOK

審査基準は収入だけではありませんが、収入が基準に達していない場合はその時点でNGが出る可能性が高いので気をつけましょう。自営業とサラリーマンでは、収入が同じならサラリーマンの方が強いです。

自営業の場合は提出書類も増え、設立年数などが重視されます。また、収入面以外の基準は管理会社によっても違います。水商売じゃなくても、ある特定の職種に厳しい管理会社などもあります。

 

当サイトでは提携の仲介会社様のご協力の元、審査について最大限のアドバイスやサポートをさせていただきます。水商売の方以外でも、不安がある方、他で断られた方は是非ご相談ください!あなたのお力になれると思います!

タグ:

物件の見学のときにチェックすること

物件の見学では図面ではわからなかった事、実際のお部屋が図面と違ってないかを確かめるのも大切です。例えば、日当たりは実際に見学してみないと分かりませんよね?
日当たりを重視される方は昼の時間帯に見学しないとチェックできませんのでご注意ください。他にもいくつか見るべきところを挙げましたので参考にしてください。

•部屋のレイアウトをイメージ

部屋の間取りをチェックしましょう。部屋の広さや出入り口の広さ、家具をどう配置するかなど具体的にイメージしてみましょう。注意点は角にある梁(ハリ)です。あのでっぱってる奴です。結構邪魔になる事も多いので注意してください。

•水回り

キッチンや風呂場の蛇口を実際にひねってチェックしましょう。少し古い物件だとシャワーの水の出の勢いが悪かったりすることもありますので、要チェックです。

•収納の広さ

収納の広さは図面では分かりづらい部分です。必ずチェックしましょう。入居してから後悔することで一番多いのが収納の狭さだったりしますので気を付けてください。

•騒音

車通りの多い道路沿いの物件の場合は、必ず窓を開けて音の大きさをチェックしましょう。窓を開けたとたんにテレビの音も聞こえないくらいの音がすることもありますので要チェックです。水商売の方は日中の騒音はきついと思いますので特に注意してください。

•駅からの距離

図面に記載されてる「徒歩○分」は直線距離で信号待ちなども考慮されてません。正確な距離、時間を知るには実際に駅まで歩いて見た方が確実です。

•周辺環境

物件の近くにコンビニがあるか、スーパーはあるのかをチェックしましょう。コンビニは遠いと後で結構不便を感じます。その他、安全面や衛生面もチェックしましょう。

タグ:

お問合せ

他社で断られた方もお気軽にご相談ください。
弊社ではクレジットカード決済が可能です!!

物件リクエスト

  • 東京近郊対応賃貸お部屋探し支援センター|株式会社べべライズ に問い合わせ
  • アットホーム引越し見積もり
  • Share | rss