東京で初期費用分割可の賃貸ならべべライズの【お部屋探し支援センター】

ホーム » 失敗

失敗

いいお部屋はライバルが多い

見学を終えて、気に入ったお部屋に出会えた場合でも、なかなか決断できない事もあるかと思います。即決できるのであれば最高ですが、なかなかそうもいかないですよね?ただし、迷うことが悪いことではありませんが、迷っているその間に他の人が申し込みをしてしまうパターンは意外と多いのです。

あなたがいいなと思った物件は他の人にとってもいいお部屋である確率が高いんです。水商売OKやペット可なら特にです。図面の段階から候補をしぼり、見学でさらに絞ってたどりついたのですから、迷っている物件は一番いい物件に間違いありません。空室になっている、もしくは空き予定の物件はすべて図面を見ているはずです。 もし気に入った物件がなくなってしまうと、どこかを妥協して部屋を決めることになってしまいます。

妥協するとなるともっと迷う事になってしまい、いいお部屋のイメージが頭に残っている為になかなか決められません。最後に失敗しない為にも決断力も大事なんです。 業者が考える部屋探しに一番有利な人は、決断が早い人だったりします。繁忙期は競争率がかなりアップするので、退去予定の物件、つまり中を見学できない物件にも申し込みが多数入ります。
そんな状況だと写真だけで決められる人はかなり有利です。 とは言っても慣れていない人が即決するのは難しいですからね。

その辺はバランスが大事です。どうしてもじっくり時間をかけて決断したい人は、探す時期を6~8月にするといいかもしれません。時期的にライバルは少ないので繁忙期に比べるとじっくり探すことができます。 ただし、退去の動きもすくないので、入居者募集中の物件自体も少なくなります。どちらも一長一短といったところです。

タグ:

水商売の方じゃなくてもメリットがある

当サイトは水商売の方のお部屋探しを支援する為に作られました。目的は水商売の方が一般の方と同じようにお部屋を探せるようにです。審査面でのサポート、アドバイス、賃貸不動産で失敗しないためのアドバイスが中心です。

しかし実際に利用いただいている方には水商売ではない方もいらっしゃいます。今は【水商売専門】ではなくなっています。水商売の方はもちろん、一般のお仕事の方でも十分メリットがある当サイトのシステムを紹介します。

•複数の提携不動産会社の物件をまとめて紹介

お部屋探し支援センターでは複数の提携賃貸不動産会社の物件情報をまとめて依頼者の方にご紹介しております。その為、何件も不動産屋を回る必要がありません。不動産屋はどこの業者でも紹介できる物件は全く変わりません。(詳しくはコチラをご覧ください。)

まとめて紹介するほんとのメリットは、複数の業者からの情報の為、適正ではない情報があった場合も当サイトですぐに適正ではないと判断できます。(礼金の上乗せなど)そのような場合は適正な業者の物件のみを依頼者に取次ぎますので絶対に損をすることはありません。

礼金などは不透明なために、知らないうちに多く払ってる事もありえます。当サイトへの依頼なら万が一にも悪徳業者に引っかかる事がないのです。

 

•水商売の方の審査

水商売の方は、どうしても仕事の性質上審査に不安があると思います。当サイトでは、提携の賃貸不動産会社の協力の元、最大限のサポートをさせていただきます。ご安心してご依頼ください。

 

•常に新鮮な情報で探せる

今はインターネットで物件を探すのが主流です。物件を探せる不動産ポータルサイトも多くありますが、それらに掲載中の情報は必ずしも新鮮ではありません。掲載されて間もなく入居が決まってしまった物件などは、すぐに掲載されなくなる訳ではありません。
(詳しくはコチラをご覧ください。)

本来、新鮮な情報は不動産屋に足を運んでこそ得られるものですが、当サイトをご利用なら常に新鮮な情報を自宅で手にする事が出来ます。

 

•時間がない方にぴったり

水商売の方は不動産屋を回る時間がなかなか取れない方も多いと思います。一般職の方もお時間がない方にぴったりのサービスです。その時に出てるすべての物件情報をご覧になれますので、自宅に居ながら気になる物件をピックアップできます。その中から時間があるときに気になる物件を見学できますので、忙しい方は是非ご利用ください。

 

様々なご要望に柔軟に対応させていただきます。是非ご利用ください!
ご質問などもお気軽にお問い合わせください。

タグ:

お問合せ

他社で断られた方もお気軽にご相談ください。
弊社ではクレジットカード決済が可能です!!

物件リクエスト

  • 東京で初期費用分割可の賃貸ならべべライズの【お部屋探し支援センター】に問い合わせ
  • アットホーム引越し見積もり
  • Share | rss