東京近郊対応賃貸お部屋探し支援センター|株式会社べべライズ

ホーム » 賃貸の基礎知識 » 水商売は特に物件の構造はかなり大事!

水商売は特に物件の構造はかなり大事!

お部屋を探す際、物件の構造に注意していますか?木造じゃなければいいやと思ってる方が多いんじゃないかと思います。ところが、木造ではなくても、物件の構造によって防音面は大きく差が出ます。


水商売の方は朝方帰宅することも多いと思いますので特に注意が必要です。構造は図面を見ると必ず記載されていますので必ずチェックしましょう。

• SRC造(鉄骨鉄筋コンクリート造)
• RC造(鉄筋コンクリート造)
• 鉄骨ALC造
• 木造

建物の強度は SRC⇒RC⇒ALC⇒木造の順です
防音効果が強いのは SRC・RC⇒ALC⇒木造の順です

よくあるパターンとして、見た目はきれいな新築マンションの様でも、構造が鉄骨の場合がよくあります。このような物件は鉄筋コンクリート造の物件と比べて家賃が安く、設備面でもオートロックなどは完備している為に図面を見てる段階ではかなりお得な物件に見えます。

しかし、防音面を考えると鉄筋コンクリートのお部屋と比べてかなり差があります。極端に言うと、木造に近いです。 防音効果が弱いと、隣のお部屋に迷惑をかける可能性や、逆に隣の物音になる可能性もありますので、気を使わなければいけない部分です。

防音を重視するのであれば、コンクリートが入っている物件、SRC造かRC造に絞って探す事を強くお勧め致します。 これを逆に考えると、もし防音効果を気にしないのであれば、鉄骨の物件は新築で部屋も広い物件でも、鉄筋コンクリートの物件と比べるとかなり家賃が安くなっていますのでおすすめできます。

お問合せ

他社で断られた方もお気軽にご相談ください。
弊社ではクレジットカード決済が可能です!!

物件リクエスト